関数

ATAN2 関数

概要

指定された x 座標と y 座標のアークタンジェント (逆正接) を返します。アークタンジェントとは、x 軸と、原点 (0, 0) および座標点 (x 座標, y 座標) を通る線との間の角度のことです。角度は -pi ~ pi の範囲内 (-pi を除く) のラジアンで示されます。

書式

構文

ATAN2(x 座標, y 座標)

引数

x 座標

点の x 座標を指定します。

y 座標

点の y 座標を指定します。

解説

  • 正の結果は x 軸から左回りの角度、負の結果は右回りの角度を示します。
  • ATAN2(a,b) と ATAN(b/a) は等しくなりますが、ATAN2 では a に値 0 を使用できる点が異なります。
  • x 座標と y 座標が共に 0 の場合は、エラー値 #DIV/0! が返されます。
  • アークタンジェントを度単位で表すには、結果に 180/PI() を掛けるか、DEGREES 関数を使用します。

 

Exit mobile version